COLLABORATORs

 

 

米澤一平 Ippei YONEZAWA

米澤一平 Ippei YONEZAWA

tap-dancer/choreographer タップダンサー・コレオグラファー   東京都出身 幼少より映画、演劇・舞踏等の舞台芸術に親しみ、15歳よりリズムタップを始める。 タップを始めて一年後に師である熊谷和徳の主催する公演に出演、17歳でJapan Tapdance Scholarship Program第一期生として渡米、国内外の舞台に多数出演。21歳よりニューヨークへ留学。帰国後はありとあらゆる表現形態とのコラボレーションを精力的に行う。 タップカンパニー「TAPPER’S RIOT」、大道芸ユニット「マカロニと世界」、ドラム&和太鼓&タップ「DTT」etc.としての活動の他、即興から共同作品、広大な空間から30cm×30cmの狭い足場、どこでも、何とでも踊りまくる活動を展開中。 photo by Bozzo http://ameblo.jp/konoashi-tomare/

宝栄美希  Miki HOEI

宝栄美希  Miki HOEI

dancer/choreographer ダンサー・コレオグラファー   石川県出身1986年生まれ 幼少よりモダンバレエを石田翔湖に師事。2008年日本女子体育大学にて舞踊学を修了。 23歳でLaban Center(イギリス)へ留学。ダンスパフォーマンスグループCI部主宰、GYROKINESIS認定トレーナー。国内外の舞台出演の他、WSも実施している。 主な受賞歴:横浜ソロ×デュオコンペティション2008にてソロ作品『Line』、審査員賞・MASDANZA賞受賞。同年、同作品にてダンスフェスティバルMASDANZA13(スペイン・カナリア諸島)ベストダンサー賞受賞。 近年の出演は「International Platform for Choreographers 2014」 (ポルトガル)、両国門天ホール主催「橋の上のサーカス」、南弓子企画「ONDOSA#3~黙って、話して~」等。 photo by Bozzo http://hoeimiki.jimdo.com/

徳久ウィリアム William TOKUHISA

徳久ウィリアム William TOKUHISA

voice-performer ブラジル出身 声を使った音楽的表現で、ヒトのココロと身体と、自然の原理・原則の体現を志向するボイスパフォーマー。 モンゴルやトゥバの倍音唱法「ホーミー」「ホーメイ」、モンゴルのオルティンドー、イラン/ペルシャのタハリール唱法などの民族音楽的発声から、デスボイス、独自のノイズボイスまで、特殊発声を得意とする。 声を通して、ヒトのココロと身体の原理/原則を体感し、未知の可能性を追求するレクチャー・ワークショップにも力を入れている。 都市の民族音楽・ノイズボイスユニット『Tokyo Voiz Choir』、抱腹絶倒のオッサン・ポップ・デュオ『 チャーリー・ウィリアムス』、特殊発声合唱団『アガリアム合唱団』、発声に関するレクチャーユニット『クラヤミノtones』主宰。 ガムランと影絵を駆使するパフォーマンス集団『滞空時間』メンバー。 http://william.air-nifty.com/

アイケイイチ Xeiici AI

アイケイイチ Xeiici AI

voice-performer ボイスパフォーマー 東京都出身 元ロックバンドのギタリスト。あるきっかけでトゥバ共和国の歌唱法=ホーメイに興味を持ち、練習を始める。 その後、徳久ウィリアムに師事。2012年からボイスパフォーマンスを始める。 都市の民族音楽「Tokyo Voiz Choir」、特殊発声合唱団「アガリアム合唱団」に参加。 2014年にトゥバ共和国を訪問、現地ミュージシャンからホーメイのレッスンを受ける。 現在もフリージャズのセッションや、演劇作品への参加等、活動の場を拡げている。 photo by 津田健太郎

クドウアイコ Aiko KUDO

クドウアイコ Aiko KUDO

vocalist ボーカリスト 岩手県出身 エレクトロ・バンド "Far Farm" のボーカル ico! として都内を中心にライブ活動を行なうほか、シンガーソングライター・チャーリー高橋をはじめとする様々なミュージシャンと共演。 演劇、朗読、ナレーション、など声と身体を使った表現をランダムに模索する。 http://farfarm.jp/

大野要介 Yosuke ONO

大野要介 Yosuke ONO

STOPMOTION.JP主宰。 グラフィック、映像、写真等をミックスした表現で幅広いシーンに出入りする。 様々なジャンルのアーティストやクリエイター、ミュージシャン等の発信者と受信者が交差する場としてSTOPMOTION.JPを立ち上げ、ライブメディアの可能性を模索。 トランペット奏者としてThe CHICAMOに参加。